スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人権侵害で教師が敗訴した例もある

もうひとつのたち位置は『人権侵害をされた』というものです。


障害があってもその学校の児童生徒である以上『登校し』『授業を受ける』『学校に通い続ける』権利を放棄しないといけないことがありません。


二次障害はお医者様の力も必要だけど

『適切な対応をする』『環境をととのえる』努力を学校側もする義務があるのです。

 



この場合は文部省や厚生労働省ではなく『法務省』の管轄になります。

具体的に教員が『敗訴』した例もあります。


人権侵害を受けた方へ

インターネット人権相談受付窓口(24時間受付)
高齢者・障害者の人権あんしん相談

学校現場を動かしたいとき、公式な回答を必要としたときには、公的なシステムを使って外部から介入することが望ましいです。
もちろんこういう形をとるために親の側もいろんな考えを張り巡らせるでしょう。
冷静な第3者が入ることで両者の関係も整理整頓されるのではないかと思います。

にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村




TWITTER mixiチェック 楽天ソーシャルニュース 楽天プロフィール シェア
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re:人権侵害で教師が敗訴した例もある(11/18)

昨日は、モンスターペアレンツが、初めて逮捕されましたね。



何事とも行き過ぎには、要注意ですね。

Re:人権侵害で教師が敗訴した例もある(11/18)

信頼関係...いろんなところで築けない方が多くなって...ですよね。

Re[1]:人権侵害で教師が敗訴した例もある(11/18)

harmonica.さん

誠意をお金で見せろ、は恐喝ですね。

刺青を見せていたらしいし。



この場合はモンペというよりゆすりたかりが目的だと思います。



>昨日は、モンスターペアレンツが、初めて逮捕されましたね。



>何事とも行き過ぎには、要注意ですね。

- - - - -

Re[1]:人権侵害で教師が敗訴した例もある(11/18)

HANG ZEROさん

自分の感情を晴らすのが目的であればだめですよね。

子供が意を決して親に相談したら親が学校にいきなり乗り込んでしまった例もあります。

子供はただ、しゃべりたかっただけなんです。

親に話を聞いてもらいたかっただけなんですよ。





>信頼関係...いろんなところで築けない方が多くなって...ですよね。

- - - - -

プロフィール

管理人

Author:管理人
FC2ブログへようこそ!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
リンク
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。