スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

認知行動療法で心を治す 2 → 保険診療の枠をはずせば薬なしでよくなると医者は気づいてる

講師は三宮で開業されている竹林直紀さんでした。
                     ナチュラル心療クリニック

 

実践ワークブック新しい認知行動療法
 

ワークブックはアマゾンなどで手に入ります。

 

【薬に頼らない治療】ナチュラル心療内科のブログ

講座の内容は上のブログでも読むことができます。

私の記事はそれを聞いた上で私なりに解釈したものです。

 _____________________________________

うつ病( などの私たちの立場で言えば『2次障害』)は10年ほど前は『治る、克服できる』という書物が多かったのです。

もちろん欝が原因で心神耗弱になって物事の判断がつかなくなることはしられていましたが今のように欝になって服薬してもう一生薬が手放せなくなる、というようなことは『当たり前に言われていなかった』のです。

私は何でこうなったのだろう、とずっと考えていました。

同じ時期に自分が自閉症の子を持ち発達障害の子供が爆発的に増えてきたのも見ました。

多動や注意欠陥の子供が初期から服薬を始め

症状が『重くなる』とどんどん薬が増えていく。

重くなるというのは『2次障害』ですね、

たとえば暴言を吐くとか

人のものをとってしまうとか

教室に入れなくなるとか

 

『では薬を増やして様子を見ましょう』

 

というのはおかしいのではないかと感じていたことです。

 

今の保険診療がそうなんだと言うことですね、

考えたらわかるのに、医者が金儲けのために薬ばかり出しているのかと思っていました。

今のお医者様の治療は心身二元論の西洋医学に基づいています。

体の病であれば薬、手術、放射線。

心の病であれば薬、カウンセリング。

それで治らないときは『不治の病』『研究対象』になります。

 

ちなみに「精神科」はこの心身二元論に基づくものです。

もうひとつは心と体はつながっているという考え。

心身一元論といいます。

人間は五感を使いながら家族や社会、または摂取する食物や言葉などからのかかわりをうけているという考え方で、

自分の体を自分でコントロールすることで心にも健康をもたらすことができるというものです。

「心療内科」はこの心身一元論に基づくものです。

しかし「精神科」の医院が「心療内科」の看板を上げることはできるのでその医者がどちらの考え方を取っているかは名前では判断できないのが実情です。

 

 

体がうまく動けば心もよくなる、というのは当たり前といえば当たり前ですが

それができないからみんなしんどいわけですね。

薬を飲まなければ治らない、というのは患者の思い込みであり

『保険診療の枠をはずしてカウンセリングを受けていけばあるいは薬なしでよくなる』

と医者は実は知っているのです。

 

患者は薬で治る、と勘違いをさせられています。

生活習慣を変える、今の行動の積み重ねだけが未来を変えられると気づくことです。

今、一瞬、目の前にあることに集中して生きていく。

 

不安とは過去の記憶とまだ来もしない未来への『思い込み』です。

過去も未来も自分の脳内の『情報』にすぎません。

自分の脳内の情報に縛られず2度と来ない現在を大切にしながら暮らしていく。

 

 

すべての苦しみの原因は今の自分の目の前にはなく

『自分の脳内の情報からきている』事に気づくことが第一歩です。

 

 




にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村


TWITTER mixiチェック 楽天ソーシャルニュース 楽天プロフィール シェア
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re:認知行動療法で心を治す 2 → 保険診療の枠をはずせば薬なしでよくなると医者は気づいてる(03/07)

脳にきちんとした情報が届くように、日頃から環境に健康管理も大事ですね。^^

Re:認知行動療法で心を治す 2 → 保険診療の枠をはずせば薬なしでよくなると医者は気づいてる(03/07)

正直なところ、薬の効果に疑問を持ってます。

でも、薬で楽になることは確かなことかも。。。

でも、それを使わなくても、楽になる方法を探して強います。
プロフィール

管理人

Author:管理人
FC2ブログへようこそ!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
リンク
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。