スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気にしてませんでした

小学生活も残りわずか。
それでこれまで遠慮して(?)特別支援の先生にいってこなかった細かいことを小出しにしていくことにした。

ずっと気になっていたのが給食のナプキン。
いつも息子はコップの中にくしゃくしゃに詰め込んで帰ってくる。
持っていくときはアイロンかけていくのに何でだろう、とずっと思っていた。

で「中学入学前の準備としてナプキンをたたんで袋に入れるように指導してほしい」と連絡ノートにはじめて書いたら「ほかにも丸めて入れる子がいるので気にしてませんでした」と返事があった。

些細なことだけどこういうことが人に与える印象を変えるのだと思う。

先生方のほうには「ハンディがあるからこれでもいい」と思いがあったのだろうと思う。






低学年の前の担任の先生はもっと細やかだった。
それは小さい子は変化がよく目に見てわかるからだと思う。

高学年になってから担任になった場合は「パニックにさせない」「今の状態を維持する」「これ以上そう伸びない」という受け取り方をされているのだと思う。

親がそう感じることは親であるからだけど、その思いを先生にぶつけるのには相当な考慮が必要だと思う。
私も5年生からの担任の先生に「細かいこと」を言える、と思ったのがやっといまだ。


にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村


地域の特別支援クラスというのはいろんな意味で差が激しい。
それは合う合わないという相性のものもあるけど
そのときの校長の状態(初年度とか退職前とか)、
また担任になった先生の考え方や事情にも大きく揺さぶられる。

障害児や発達障害などに関する勉強をよくされている方もあるし、
クラス担任を持つことが難しい事情で特別支援にこられることもあると聞く。
また輪番でどの先生も特別支援クラスを担任しなければいけないという事情もあるようだ。

したがって子供のことを深刻に心配したり、あるいは熱心に教育を取り組んでほしいという父兄の思いと現場は相当な温度差があるのが現実だ。


しかしそれが公立の学校現場であるならば
それを嘆いても仕方がない。
システムを変えることは必須だがそれは政治の仕事であるし
親がないものばかり追いかけてしまうと
学校との信頼関係を失ってしまう。





TWITTER mixiチェック 楽天ソーシャルニュース 楽天プロフィール シェア
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re:気にしてませんでした(01/20)

環境によって、また担任によっても随分変わってくるものです。



どうでもいいと思ってしまえばそこまで・・。



でも、ほんの些細なことでも、声がけ一つで改善するものです。



「気」とは、ほんとに目に見えないけど、大切な働きをしているんだと思います。^^

Re:気にしてませんでした(01/20)

こればかりは、先生や学校との相性も。。。

でも、ひとつずつ丁寧に解決していかないと。。。ですよね。

解る気がします。

じろうさん、こんばんは。

地域によって差。先生によって差。



ありますよね。

それを統一させる為にはどうしたら良いか? というところの点。

先生に関しては、教員の数や教員を目指す人の人数が少ない地域だと、必然的に先生の数が足りなくなりますよね。



そうすると教育の質も落ちる訳で・・・。



先生とのやりとり。

私は、疑問が出来た時には、そのまま連絡帳に書くか、直接、学校に電話して先生に聞いてます。



うち、低学年だからかな?



根気よく、先生と話し合って解決していくのが、一番良いのかも知れませんね。

Re:解る気がします。(01/20)

みかんさん

本年もよろしく。



面倒見のいい先生が移動して新しく担任が変わることはデメリットも感じますがそれ以上に「耐性」をつけるチャンスだと思いました。

おかげさまで図太い神経になりました。

一人で放置状態でも自分ですることを探します。自閉圏の人は「自由な時間」を自分で考えて使うことが苦手だといわれるのでそこはかなりよいなあと。



相当ベテランの先生でしっかりとした経験とスキルを持った方なんです。

でも親級の担任をしていたときの名残で「クレーム予防」的な対応が当初は多かった。

それは今の時代仕方ないのだけどクレームではなくて提案、あるいは希望である、とストレートに受け入れてもらえると感じるまでに時間がかかったという感じです。



中学の先生は5年生から接触はしてます。

少しでも早くからなじんでもらおうと思ってきましたが・・・中学は3年しかないですもん。

このまま人事異動がなければありがたいんですけど。

あとは本人の持つ運ですね。



みかんさんとこは先生との関係良好ですね。





>じろうさん、こんばんは。

>地域によって差。先生によって差。



>ありますよね。

>それを統一させる為にはどうしたら良いか? というところの点。

>先生に関しては、教員の数や教員を目指す人の人数が少ない地域だと、必然的に先生の数が足りなくなりますよね。



>そうすると教育の質も落ちる訳で・・・。



>先生とのやりとり。

>私は、疑問が出来た時には、そのまま連絡帳に書くか、直接、学校に電話して先生に聞いてます。



>うち、低学年だからかな?



>根気よく、先生と話し合って解決していくのが、一番良いのかも知れませんね。

- - - - -

Re[1]:気にしてませんでした(01/20)

HANG ZEROさん

目の前のできることからですね。

できないことは仕方ないです。



>こればかりは、先生や学校との相性も。。。

>でも、ひとつずつ丁寧に解決していかないと。。。ですよね。

- - - - -

Re[1]:気にしてませんでした(01/20)

milkyway.さん



選べない部分は多いですけど、選べる部分はなんとかしたいですね。



でも「気にしていませんでした」という返事を見て「やっぱりなあ」と思いました。

もっと口を出してもいいなあ、と。



>環境によって、また担任によっても随分変わってくるものです。



>どうでもいいと思ってしまえばそこまで・・。



>でも、ほんの些細なことでも、声がけ一つで改善するものです。



>「気」とは、ほんとに目に見えないけど、大切な働きをしているんだと思います。^^

- - - - -

プロフィール

管理人

Author:管理人
FC2ブログへようこそ!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
リンク
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。