スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

頭を切り替えるときがきた・自閉症児から自閉症者へ

年頭に短期入所を入れました。

 

我が家は何とかなる、と思ってるのですが12月の頭に役所に別の用で出向いた際、障害福祉課の方が声をかけてくれました。

休暇中の入所枠が取れれば利用しないか、ということでした。

もちろん市内にはほかにも必要とする方があるんだろうけど

こうして声がかかるというのは現実は親の脳内で感じるよりも大変なことになってるということです。

 うちの「自閉の重度」さはある意味

市内でも5本の指に入るのでは。(親が実感できないだけで)

 

 

 

相当つかれきっていたときも

自分がしんどいのかどうかもわからなくなっていたことがあります。

当時あった「介護手当て」の申請を

役所からすすめられてそれが認められたとき

「ああ、この状態をしんどいといってもいいのか」と

納得した思い出があります。

 

私のやってるのは育児というより「介護」なんだな、とか。

 

 

家族が。

母親が孤立しないということは大変大事なことだと思います。

 

学校や、福祉や、地域や、いろんな人と少しでもかかわりをのこすことで「育児難民」になることを防げますね。

 

 

で次男君は普通の人から見てかなり目立つ存在になりつつあります。

やってることが去年と変わらなくても体が大きくなり

見逃してもらえることが難しくなってきました。

 

まあ見逃してもらおうという親の根性がそろそろ通用しないわけです。

 

 

買いもしないのにお店に居座ったり

公共施設でスキップしたり

 

そういう本人には「楽しいこと」が社会には「迷惑行為になる」という

親も支援者も本人も

小学校卒業とともに頭を切り替えるときがきたのだと思います。

(時期が来れば収まるのでちょっとなら見逃してもらおうと思っていました。あつかましいのは承知でしたが・・・・・・・)

 

 

 

親としてはまだまだかわいい息子なわけですが

無関係の人からすると

「見知らぬ障害者」

 

 

これから次男君は社会の中でスポイルされない障害者としてのあり方を

探ることになるのだと思います。

 

自閉圏の人に「世の中の当たり前」を押し付けてはいけないけど

それでもあわせられるところを探り

できればいい行動の「パターン」に作って行きたいです。

 

ほかの子どもから言わせれば

私は次男を溺愛して

わがまま放題させているのだそうです

そうなのかもしれませんが

自分ではわからないです。

 

年頭の短期入所の間に

親子関係もいろいろ

リセットさせてみます。

にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村


TWITTER mixiチェック 楽天ソーシャルニュース 楽天プロフィール シェア
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re:頭を切り替えるときがきた・自閉症児から自閉症者へ(12/27)

子供たちの成長と共に。。。

いろんな問題も。。。ですね。

我が家もそういうときが来るのかなぁ。。。

Re:頭を切り替えるときがきた・自閉症児から自閉症者へ(12/27)

年末年始の短期入所は、こちらも早期から満杯です。

地域にすっかり受け入れられていて、ある程度の判断を仰げて良かったですね。



無我夢中だと、目先のことも歪んで見えます。^^

Re:頭を切り替えるときがきた・自閉症児から自閉症者へ

シュンも、うちの支援学校の中でも先生が手を焼く児童No.1かNo.2の座に君臨してるんで…ていうことは県下でもかなりなんだろうな〜と思うと、我ながら「大丈夫!大丈夫!」といいながら「わたし、結構大変じゃん」てたまに気がつきます(笑)

Re:頭を切り替えるときがきた・自閉症児から自閉症者へ(12/27)

いろいろとありますね。

成長と共に、可愛いだけじゃすまないような。。。

我が家もそうなるんだろうなぁ。。。と。

Re:頭を切り替えるときがきた・自閉症児から自閉症者へ(12/27)

思春期を迎える頃から、変わりますね。



でも、決して一人で大きくなる訳ではなく、親だけで育て上げられる訳でもない。



社会・地域に支えられ、自立を守られているのだと思います。



プロフィール

管理人

Author:管理人
FC2ブログへようこそ!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
リンク
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。