スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自閉症は改善できる

2学期になって『ほかの子に手をとられているうちにさっさと帰ってしまいました」と学校から連絡をもらうことが多い。
先日は『6時間目にクラブがあるのに帰ってしまいました』ということもあった。

今は学校を飛び出しても行方不明にならずまっすぐ家に帰るのでいいのだが(いいのか?)。


障害の重い軽いというのはあるけど
軽い子だから手間がかからない、というわけではない。
判定として軽くても人間関係をつかめなかったり
情緒の幼い子どもの場合は
『袋小路』に入ってしまうと自力でそこからでることが難しい。
だからといって無理やり引っ張り出そうとしても
プライドも感情もあるので
低学年のようには
先生や友達の言うとおりに動かない。

思春期の難しさに困難を抱えた子どもがいて
手間のかかららない(そうでもないのだが)息子がけっこう放置されてるのだろうなあ、と思っている。
やることないんならもう帰ろう、という感じかなあと。





先生や学校をせめるわけではないが
今のクラスで穏やかに二次障害も出さずにいられてるのだから
これはこれで良いのだけれど




本当に縁やタイミングは大事だなあと思う。




1年生から4年生までは特別支援の研修モデル校として
4年間ずっと息子は公開授業をやってきたし
県内から多くの先生が見にこられていたので
かなりいい教育を受けてこられた。

この時期があったからいまのむすこがあるんだなあとしみじみ思う。



<その後の5年、6年は手厚い保護がなくてもなんとかなる力をつけているのだと思っている。>

画像は修学旅行のバスの中。
隣に座ってるのは親級の先生で
息子は相当気に入ってるよう。

私が息子の写真を載せるのは
重度の自閉症でもこんなに感情がでるのだと知ってほしいため。

9歳までは本当に表情がなかったんだもん。
自閉症は完治しないけど
改善できるということを
同じ境遇の人に見てもらいたいから。


にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村



TWITTER mixiチェック 楽天ソーシャルニュース 楽天プロフィール シェア
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re:自閉症は改善できる(10/25)

写真をぱっと見ただけでは重度だと分からないくらい、素敵な笑顔です。

これまでのじろうさんの苦労、次男さんの頑張りが痛いほど伝わってきます。

自閉特性は治らずとも、改善はできる。

私もそう信じて頑張っています。

Re:自閉症は改善できる(10/25)

感情が露になると、何をどう感じているかがよく分かりますね。^^

感情がないと思うのは・・。

素敵な笑顔です。(^0^)



自閉症だからって、全く感情がない訳じゃない。

私は自閉症だから、より人一倍、感情が豊かなんだと思っています。

表す方法は、その子それぞれで、お母さんに構ってもらいたい。

と意思表示する際、お母さんのところにとっとと寄ってきて、顔をよせる。

これって、言葉に出ないけれど、「僕はここだよ、見て!」って仕草と行動で示してるんだと思う。

そう、改善。私も出来ると信じてる。出来るよ!

Re[1]:自閉症は改善できる(10/25)

starmayさん

自閉症はなおらない、と変にあきらめることは必要ないのだと思います。

改善のチャンスは日常の中にあります。

それも後になってそうだったのか、と気づく程度みたいですけど^^



Re[1]:自閉症は改善できる(10/25)

milkyway.さん



感情がないのか、と長く感じていましたから。

親以外の人にこういう顔ができるのか、とうれしかったです。





>感情が露になると、何をどう感じているかがよく分かりますね。^^

- - - - -

Re:感情がないと思うのは・・。(10/25)

みかんさん

障害があると感情がないと決め付ける人はたまにいますね。



>自閉症だからって、全く感情がない訳じゃない。

>私は自閉症だから、より人一倍、感情が豊かなんだと思っています。

>表す方法は、その子それぞれで、お母さんに構ってもらいたい。



みんな親が大好きなんですよね。わかりやすく『好き』の表現ができなくて突き放される子どももいるようですが。



>そう、改善。私も出来ると信じてる。出来るよ!

障害のある子も健常の子と変わらず大事にされて暮らしたいんです。『障害だから仕方ない』と思わないことが根っこかなと思います。



親も年取ると初期の瞬発力がなくなります。私も10年前のエネルギーと体力はもうないですよ。就学当時のことをもう一度やれといわれても多分だめです。



だからできるときにする、ひらめきのあったときにチャレンジする。

それが縁であり、チャンスなんでしょうね。



プロフィール

管理人

Author:管理人
FC2ブログへようこそ!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
リンク
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。